Strato Gateway 概念


    < 自動階層化構成例 >



 ポリシーベースの自動ティアリング


新しいファイルはプライマリストレージ(Ex. Wired Server)に配置して高速にアクセス

・ 長期間アクセスしないファイルは自動的にアプライアンスサーバーのボリュームへとアーカイブ

・ アーカイブする基準はファイルの場所や最終アクセス日などを組み合わせて構成

・ 元の場所にアーカイブ先へのリンクを配置することで、クライアントからファイルへのアクセスを容易に



プライマリストレージ領域に空きを自動的に確保


 クラウドストレージへの自動アップロード


・ プライマリストレージからアプライアンスサーバーに移動したファイルは、
  自動的にクラウドストレージにアップロードされるので、手動でのアップロードの手間がかかりません。

・ クラウドストレージに移動したファイルにアクセスすると、アプライアンスサーバーのローカルキャッシュボリュームに
  一定期間キャッシュされるため、キャッシュされている間はクライアント端末からはローカルアクセスが可能となり、
  またダウンロード課金を軽減することが可能です。


 透過的なファイルアクセス

〈 ファイル移動と透過的アクセスのイメージ 〉



・ プライマリストレージから他の階層へ移動したファイルに対しても、ファイルが元にあった場所にシンボリックリンクを
  自動的に配置するため、ファイルがどの階層にあっても、クライアント端末からは透過的にアクセスすることが可能です。

・ アプライアンスサーバーのローカルキャッシュボリューム利用による高速・低レイテンシアクセス特性と合わせて、
  クラウドストレージをオンプレミスストレージと同様の使い勝手で利用することが可能です。