スポーツグラフィックスシステム関連製品

スポーツグラフィックスシステムとは、スポーツ中継、ニュースなどのイベント映像に対してゲーム内容をより魅力あるものにするためにコンピュータグラフィックス、ビデオエフェクトなどを付加するシステムで、多様な種目にて活用が期待されているシステムです。 ORAD社の提供するスポーツグラフィックスシステムは、協力なビデオ&グラフィックスプラットフォームのHDVGのテクノロジーを核としてリアルタイム3次元CGを自由に映像に加えることを可能にしました。また、長年に渡りビデオ、放送市場へコンピュータグラフィックスの融和を提案、システム開発をしてきました技術力により、単なるエフェクトシステムではなくスーパースローモーション対応のスローモーションプロダクションサーバーまでトータルなシステム環境を提供します。

MVP (MotionVideoPlay)

MVPは、ビデオ・グラフィックス統合型スポーツグラフィックスシステムとしてスローモーションサーバーなどと連携してビデオ素材にテレストレータ、ハイライト、ストロボキャプチャ効果などのグラフィックス視覚効果を画像処理ベース(特許)のカメラトラッキングと共に使用可能にしたセンサーレスのスポーツグラフィックスシステムです。スタジオから中継車での運用までエフェクトだけでなくゲームの解析ツールとしても幅広く使用可能です。16台までのカメラビューをサポートし、ワンマンオペレーションでの運用が可能な簡易な操作性と相まってあらゆるイベントの視覚効果を高めます。

http://www.avid.com/ja/products/mvp

PlayMaker slow motion server

PlayMakerは、インスタントリプレイ、ハイライト編集ツール付きの脅威の8チャンネルI/Oを持つHD/SD対応スローモーションサーバーです。HD(@100mbps)で60時間、SD(@50mbps)で120時間のレコーディングが可能、フィールド精度での編集、再生、即時反応性や高度な補間補正など高機能をコンパクトな3Uのシャーシに納めた革新的なスローモーションサーバーです。タッチスクリーンを持つ専用コントローラはその操作性に優れるだけでなく機能割り当てが可能なLCDボタンなどで操作効率の向上も実現し、ステレオ(3D立体)、スーパースローモーションにも対応可能です。

http://www.avid.com/ja/products/playmaker

関連情報