スローモーションサーバー、「PlayMaker」にパワフルな追加オプション


■ スローモーション対応、任意でのI/Oアサインが可能な8チャンネルビデオサーバー

PlayMakerは、スローモーション対応の8チャンネルの任意I/O割当てが可能なビデオサーバーです。Avidの提供するビデオエンジンにより、ライブ映像制作に必要とされる効率的な作業性、運用性を提供します。ライブビデオサーバーに必要な基本機能を網羅し、完全に同期のされたモーションリプレイ、簡易ハイライト編集機能などを迅速に行うことを可能にします。また多数の入力フィードのプレイリストによるハイライト編集を容易にするスタジオ環境に適したスタジオモードを提供しスタジオ収録での作業効率を向上します。ユーザーに運用性、利便性、トータルな費用対効果全てを同時に提供するハイエンドスポーツリプレイサーバーです。



■ システムの特徴



 
  • 4/6/8チャンネルビデオサーバー:自由なI/O割当て
  • コンパクトデザイン:省スペースな3Uシャーシ
  • タッチパネル&機能割当て可能なLCDボタンセット
  • 組み込みタグ、イベント設定可能なSmartEvent機能搭載
  • クリップインポート、エクスポート対応 ※自動化可能
  • 複数台のPlayMaker間でデータ共有可能
  • ライブ収録、制作だけでなくスタジオ環境でのワークに最適なStudioモード搭載
  • 各チャンネル毎に自動的にプレイリストの割当て
  • 即時ハイライト編集


 

■ システムチャート


  • マルチコントローラーに対応。各コントローラーにPGMを割り当て、効率的な運用
  • コンパクトデザイン:省スペースな3Uシャーシ
  • コントローラーのホットスタンバイによる冗長化
  • クリップのインポート/エクスポートのネットワーク対応。またPlayMakerと専用コントローラーは1GbEネットワークでの接続
  • 共有NASサーバーとの連携可能、データ書き出し、追っかけ編集にも対応

 

PlayMakerのシンプルなビデオエフェクトオプション「Flex FX」


PlayMakerに強力なビデオエフェクト効果を付加するオプションとしてFlexFXが提供されました。
ビデオエフェクトは全てPlayMaker専用コントローラの設定メニューからアサインし、LCDパネルにより操作できます。PlayMakerで作成したハイライトクリップに外部エフェクターやノンリニアシステムなどを介さずに、直接ビデオエフェクトを即時に付与する事が可能となります。

AVIDのリアルタイム・グラフィックス・システムの基盤、オーサリング・ソフトウェア

AVIDのあらゆるリアルタイム・グラフィックス・システムの基盤として、「4Designer」オーサリング・ソフトウェアは、事実上ありとあらゆるものをデザインするためのツール、クリエイティブなパワー、スピードを提供します。最新機能により、さらに優れた外観とより豊富な種類のコンテンツを簡単に作成できます。オンエア・グラフィックスやスポーツ向け映像効果、ビデオ・ウォール用メディアやバーチャル・スタジオまで、4Designerなら簡単にストーリーに命を吹き込むことができます。

  • あらゆる解像度でデザイン
  • インテリジェントなテンプレートを活用
  • AVID全てのオンエア・グラフィックス・システムにおける シーンクリエイトツールセット

 
 

関連リンク:4Designer - 最新鋭のリアルタイム放送制作用グラフィックス作成

関連情報