”Flow Browse” 強力なブラウジングアプリケーション


EditShare共有サーバーに取り込まれたコンテンツをトータルに管理し、検索やプレビュー、さらにはフォーマット変換など豊富な機能を数クリックで利用できるようにMacあるいはPCのクライアント向けに用意されたブラウジングツールです。
Flow Browse内の機能を使って、高度なNLEワーク以外の様々な作業を進めることが可能です。


 

 

 

 詳細検索

大量のクリップやシーケンスの中から利用可能なメタデータにひも付けて、簡単かつグラフィカルな検索を素早く実現し、求めるコンテンツを捜しだすことができます。

 Flow Scan

Flow Scanはメディア・スペース内のメディアファイルから、サムネイルやメタデータを抽出し、またFlowの中で利用されるプロキシファイルを作成します。Flow Scanは一般的なMXFやQTを始め、いち早く高解像度のRED R3D, ProRes 4444XQ, Sony XAVC, Panasonic AVC-Ultra. DPXまで幅広いフォーマットをサポートしています。 Flow ScanはEditShareメディア・スペースを自動的にチェックするスケジュールをセットアップすることも、オンデマンドで実行することも可能です。

 レビュー

Flow Browse内でプロキシを再生させながら、コメント、マーカーを追加し、クリップをトリムしてサブクリップを作成する調整レビューといった作業が行え、それをNLEにドラッグ&ドロップで簡単に受け渡す機能も利用することが可能で、協調編集作業による効率が向上します

 メタデータ

メタデータの種類はカスタムで増やすことができ、Flow Browse内でクリップやサブクリップのメタデータを追加、更新することができます。そのクリップやサブクリップをFlowからNLEへドラッグされた場合、メタデータもユーザーのNLEへ引き継がれます。


関連情報