”AirFlow” プライベートクラウド/WEBベース協調ツール


AirFlowは、お客様の環境のEditShareシステムによるプライベートクラウドを構築し、世界中のどこからでもリモートでアクセスすることを可能にします。 例えば、シンプルなWEBブラウザベースのAirFlowインターフェースによって、制作チームが登録したコメントはFlowデータベースに反映され、編集拠点にいるエディター陣に指示を送ることが可能です。
最新バージョンのFlow 3.2では、AirFlowインターフェース上から、オリジナルの高解像度素材またはプロキシを選び、インターネット経由でダウンロードする機能が加わりました。 主要なNLEソフトウェアとの連携も可能なAirFlowは、素晴らしいリモート編集の可能性を開きます。


    AirFlow主要機能

  • コンテンツ検索、ブラウジング
  • 直感的なインターフェースによるNLEシーケンス作成、ラフカット編集
  • Chrome, Safari, IEに対応
  • フル解像度のプロキシプレビュー、オーディオモニタリング
  • メタデータの付加、修正、更新
  • 専用のゲートウェイサーバーによるセキュリティの向上

 

関連情報