高密度実装型SANストレージ AssuredSAN® 6004 シリーズ

AssuredSAN 6004シリーズは、HPC、クラウド、ビッグデータのような大容量のストレージシステムを必要とする分野に最適です。高速なSASドライブやSSDと高性能ストレー ジコントローラによって、最大6.4GB/sという性能を実現しました。Ultra 48は1つの筐体に2.5inch HDDを最大48ドライブを実装することにより、2Uという限られたラックスペースに従来の倍の大きな容量を実現しました。この高密度実装は、 メディア・エンターテインメント業界や、解析、高度な科学計算、クラウドコンピューティング、テレコム産業などに最適です。Ultra56は、4Uのラックスペースに3.5inch HDDを最大56ドライブを実装できます。

モデル

Ultra48 Models

Model
Max Host Ports
Chassis
Capacity
Max Capacity with JBODs
Performance
Drive Support
Drive Size
6544
12Gb SAS
2U48
1-57.6TB
192TB
12 GB/s reads,
5.7GB/s writes
SAS, SSD
2.5″
J6G48
6GB SAS
2U48
1-57.6TB
192TB
12 GB/s reads,
5.7GB/s writes
SAS, SSD
2.5″

Ultra56 Models

Model
Max Host Ports
Chassis
Capacity
Max Capacity with JBODs
Performance
Drive Support
Drive Size
6554
12Gb SAS
4U56
up to 336TB
1.5PB
12 GB/s reads,
5.7GB/s writes
SAS, SSD
3.5″
J6X56
6Gb SAS
4U56
336TB
1.5PB
SAS, SSD
3.5″

 

RealStor™ SSD搭載によって性能を強化

RealStor 2.0ソフトウェアは、SSDの性能を生かして、SSDとHDDのハイブリッド構成によりストレージ性能を高めることを可能にする次世代のストレージファームウェアです。この新しいソフトウェアにより、搭載したSSDをリードキャッシュとして使いIO性能を向上させたり、階層機能を使うことでSSDの持つIO性能とHDDの持つ容量の両方を低価格で実現することが可能になります。それに加えて、RealStor 2.0には高速リビルド機能、シンプロビジョニングなどの機能も備わっており、オプションのSnapshotやレプリケーションと併せて使うことにより、高度なストレージ環境を実現します。

性能を最適化

ドットヒルのファームウェアは、多くの要求の厳しいアプリケーションが求める、(複数クライアントによって)ランダム化されたシ-ケンシャルIOに最適化された設計となっています。高帯域でのストリーミングや4Kでのビデオ編集などが代表的な事例です。
また、石油・ガスの掘削のための振動解析やHPCアプリケーションなども同様に、広帯域で大量のデータを複数本、性能を落とさずに流し続けられることが要件です。ドットヒルのファームウェアは自動最適化方式の先行読込みアルゴリズムにより、このような複数ストリームを高性能で配信できるようにチューニングされています。

データ保護ソフトウェア

データ保護ソフトウェアがUltra 48/56にはオプションで用意されています。ボリュームコピー機能のAssuredCopy™、スナップショット機能の AssuredSnap™、遠隔レプリケーション機能のAssuredRemote™ といったデータ保護機能が選択可能です。

インターオペラビリティ

Windows、 Linux、 Mac OS Xなどをサポートします。 また、Microsoft WHQL/WHCK、VMware、Citrix、Storenext、 Data Core、, Veeamなどの認証を得ています。

関連情報